ラーメントレックvol.101  新宿「凪(なぎ)」★★★★

画像東京に来ると・・・やっぱラーメンですね。本当にいろんなラーメン屋がしのぎを削ってて、面白いです。当のお店の人たちは生き残るために大変でしょうけどね。

今回訪れたのは・・・・前から来たかった、すごい煮干しラーメン凪の新宿ゴールデン街本館。以前、五反田の支店に行きました。都内には何軒かあるようです。












画像というか・・・・新宿ゴールデン街にも来たことがなかったんで・・・昼間でも外国人観光客がウロウロするってのはどういうことかなぁ。まぁたしかにちょっと面白いゾーンではありますが・・・



















画像いやぁ、夜来たかったなぁ・・・小さな怪しげなバーがいっぱい並んでて・・・・こんなお店で朝まで飲みたいものです。今度、夜機会があったら遊びに来ます。




















画像そんな新宿ゴールデン街の奥の方の2階にあるのが、この凪の本館。スゴイところにあるなぁって感じで・・・・お店の前に行ったら、意外に誰も並んでないので、「あれ?」って思ったら、入口の脇の店と店の間の路地に並んでた。(笑)30分ラーメン屋で並んで待つのも久しぶり。しかもこんなところで・・・・


















画像場末感がええすなぁ。新宿ゴールデン街。夜来たらもっと雰囲気でるのになぁ。なんかこういうとこが中国みたいで・・・・いや、中国はもっと汚いですけどね。


















画像こんな急で狭い階段を上がって・・・




















画像L字のカウンターのみで10席。・・・厨房も1畳ぐらいしかないんじゃないかと。店内にいる人の誰もが自由に動けない状態で。ここまで狭いラーメン屋は初めてです。

頭をぶつけそうだった券売機で食券を買って・・・・正直、この雰囲気に飲まれて、何を買ったらいいのか迷って、券売機左上の法則。大抵、どこのラーメン屋も左の上にあるメニューがイチオシです。

1250円?なんでそんなに高い?・・・・と思いつつも、ついつい購入。田舎もんは東京に出てくると、平静を装って、行動をしてしまいますので。

一瞬、その下の1100円のすごい煮干しラーメンでいいと思ったんですけど、そのボタンの横に「Ramen only」と書かれてたので、「あれ?トッピングがないのか?」と勘違いして、すかさず上のボタンを押してしまいました。実はそれは、漁師めしとのセットだったんですね。あー、そんなのいらなかった。(泣)








画像食券を渡した後に、好みの調整を聞かれますが、「全部普通で・・・・」としました。

でもよくよく見ると・・・・辛銀だれの辛さが調整できましたね。・・・・100辛まであるって、どんなんや?
















画像まぁ、でもこの店は、シチュエーションが半分魅力でしょうねぇ。あまりにも狭くて・・・・

すごい煮干しラーメン。相変わらずの強烈な煮干しで、ちょっとしょっぱいくらいです。麺は手揉み中太麺。テレビで見たときにも説明してましたが、やはり手でもまないと、この食感は出ないとのことで・・・・煮干しのスープに負けない麺でしょうね。ワンタンのような「いったん麺」は、好き嫌いあるでしょうね。なくてもいいかなぁ。

1250円のセットは、ローストポークが2枚、煮玉子、海苔が追加になります。あえてチャーシューとは言わず、ローストポークとなってるのは煮干しとの相性からかなぁ。十分な厚みでかみごたえのあるローストポークは、なかなかいける。濃厚な煮干しスープの合間に、このローストポークと黄身がドロッの煮玉子で、ちょっと趣向を変えるってな感じ。

なんにしても煮干しの一言に尽きますね。頼むつもりのなかった漁師めし。煮干しを佃煮状に加工したものが載ってて・・・・いや、うちの実家は漁師だったけど、こんなめしは食わん。(笑)ラーメンのスープをいれて、食べるとめちゃうま。でも、ちょっと食べ過ぎです。

総合評価は★★★★星4つ。魚介系もここまで極端にやれば、気持ちいいですね。今度来るときは、辛いのに挑戦したいです。



画像

すごい煮干しラーメン「凪」新宿ゴールデン街本館

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 ゴールデン街(新宿ゴールデン街G2通り) 2F

交通手段:JR「新宿駅東口」 徒歩6分 新宿区役所交差点から徒歩3分。
ミスタードーナツ横の石畳舗道を入ってゴールデン街方面へ。2番の角を右折。右手にあり。白い提灯が目印。

電話:03-3205-1925

営業時間:なんと24時間営業。朝まで飲んだ後に寄れますね。

定休日:年中無休

ホームページ:http://www.n-nagi.com/

この記事へのコメント

2016年09月10日 19:55
む~~~~んん・・・。
すごいカンジなラーメン・・・。
ラーメンなんですよね、これ。(^^;
けいつ~
2016年09月11日 05:24
>にゃんたさん
これはちょっと特殊です。煮干しの方に極端に偏ったラーメンですね。万人ウケはしない・・・好き嫌いがあると思います。
2016年09月13日 14:20
以前行かれた凪の本店はゴールデン街にあったのですね。
こちらの煮干しはよく覚えています。
確かに東京はラーメン屋だらけで、しかもそれぞれに際立った特長があるから、普段松本や京都のラーメンに馴染んでいる身にとっては驚きですよね。
1250円でしたか。自信作なのでしょうね。
ローストポークが美味しそうです。
一反木綿は意味がないように思いますが、東京人はなぜかこれが好きなんですよね
けいつ~
2016年09月13日 19:49
>達さん
ゴールデン街・・・ちょっと迷ってラブホテル街の方に迷い込んで、真昼間からホテルへ入って行くカップルたちを十数組観察する・・・はぁ、こんな年齢の二人が・・・とか、純情そうな顔したこんな娘がこんな男と・・・とか・・・あ、別途レポートします。(笑)

このラーメン、トッピングがノーマルなら800円ぐらいのようです。でも券売機の書き方で、ついつい高いボタンを押さざるを得ないような感じで・・・うまく心理をついています。

この記事へのトラックバック

先月の人気記事!