深セン タッチアンドゴー! (長文注意!)

画像意外にも芯芯ちゃんネタのブログのカウンターが回ってるようで・・・ほんとに誰が読んでるんだろう?え?あなたが読んでるの?・・・って人かな?
まぁ、今回のもカウンターは回ると思いますが・・・

芯芯ちゃんネタの後で、このネタは心苦しいですが・・・まぁ、事実は事実ですから・・・

さて、金曜の夕方6時。珠海の工場でのトラブルに見舞われながらも、このまま帰るか、延長か・・・・考え抜いたあげく、なんとか解決の糸口が見えたので、中国スタッフに後を頼んで、予定通り帰国することにしました。珠海から深センのホテルへ移動しなければなりません。工場から珠海の港まで1時間。週末なので渋滞しそうです。

深セン行き最終のフェリーは8時半。それを逃すと帰れなくなります。工場を出たのは6時15分。最終の1本前、7時半のフェリーにギリギリ間に合いそうです。ちょっと渋滞しつつもフェリー乗り場に着いたのは、7時25分。走ればまだ間に合います。

運転手に挨拶もそこそこに、スーツケース転がして、チケットカウンターへ一目散。アナウンスでは7時半のフェリーの改札を告げています。カウンターにはチケットを買う客が数人。同じように7時半のチケットを買っています。

「蛇口行き!7時半のチケット1枚!」

「もうないわよ!」

「なに?まだ乗れるだろ!」

「もう定員オーバーよ。8時半のも残り少ないわ」

「なに!?」

結局、7時半の船には間に合いましたが、空席なしで・・・・結局乗れるのは、最終8時半の船です。(泣)久しぶりに深センで食事して・・・の計画はパーです。仕方なく、ケンタッキーで、チキン4ピースの晩ご飯。まぁ、最終で深センには戻れるので、ヨシとしましょう。

1時間後の8時半にフェリーに乗って・・・あぁ、ホテルに着くのは10時過ぎかなぁ・・・揺れる船でボーッと過ごして、蛇口港に着きました。さぁ、タクシーに乗ってホテルに行くぞ・・・と、船からスーツケース転がして降りる時です。少女時代の着うたとともに携帯が鳴り響きました。着信画面には久々に見る芯芯ちゃんの顔写真が・・・

「え?・・・芯芯ちゃん?久しぶり!」

「久しぶり!って・・・どうして私に電話くれないのよ!」

「え?」

「どうして私に電話くれないのよ!」

2回目はちょっと笑ってます。私が困るのを楽しんでるようです。

「どうしてって・・・メールはしてるじゃん?電話しても会えないし・・・あ~、今船から降りるところだから、また連絡する」

びっくりした・・・・ほんとにタイミングがいいというか悪いというか・・・電話だって、QQとかで電話するなら、日本にいる時だってかけられるのに・・・・この前も会えないならメールするだけだから、日本にいても中国にいても変わらないねって言ったばかりじゃん?

そう思いながら、タクシーに乗って40分。ホテルに着いたのは10時半でした。あ~疲れた。と、その時です。また、少女時代の着うたとともに携帯が鳴り響きました。

「けいつ~さん?」

あ、芯芯ちゃんじゃなくって男の声。珠海の工場に残して来た中国スタッフです。

「その後、確認しましたが、やっぱりダメみたいです。このままでは生産できません。けいつ~さんは帰れないと思います。戻って来てください。」

「なにっ!?」

さぁ、どうする?日本時間は夜中の11時半。上司に電話するのも気が引けます。LINEでチャット。帰りのチケットを捨てて残るか、このまま帰るかを相談します。起きてないかもしれないので、翌朝、香港空港でまた連絡するとコメントしましたが・・・返事がきません。寝ちゃったか・・・・

万事休す。手は尽くしました・・・こりゃ、帰れないな・・・・延長だわ・・・そう覚悟して、気持ちを切り替えました。翌朝は7時出発。寝る時間入れて、あと8時間半。

よしっ!ななちゃんとこに行こう!数日前からアポ取ってました。(笑)そう、5月の最後の日に一緒にお粥食べたあの彼女です。ホテルからタクシー飛ばして彼女の店に行きます。珠海のカラオケは取締のために開店休業状態でしたが、深センのカラオケは通常営業です。何度もななちゃんに確認しましたが、たしかに公安が来て、チェックはしたけど、そのまま帰った、昨日も普通に日本人の客は来たし、他の店も普通に営業してるよとの事でした。あぁ、いかにも中国らしい。公安も地方によって対応が違う・・・・・そんなもんです。

9ヶ月ぶりのななちゃん・・・・変わってないですね。歓迎してくれました。顔を見るなり9ヶ月ぶりの抱擁。妹よりも小さめのおっぱいを感じる・・・・

「けいつ~さん、会いたかった~!」

「俺も会いたかった~!」

友達以上、恋人未満の関係ですから、麗麗ちゃんよりは愛情がこもってます。手を引っ張られて連れ込まれたのがこの部屋。

「え?俺ひとりだけど、こんな広い部屋?」

20人ぐらいが入れる大部屋です。

「他の部屋はもうお客さんがいるから、ここしか空いてなかったのよ。けいつ~さんが来るっていうから、指名断って待ってた。」

嬉しいじゃないですか。早速、照明を消して真っ暗な部屋で、2人でいろんなことをします。あ~、この娘ともフィーリングが合いますね。いいです。1時間以上、うだうだして・・・小窓のある入口から見えないように、ママさんに怒られない程度に愛情を確かめ合って・・・・(笑)「あ、けいつ~さん、大きい・・・」って言ったか言わないか・・・おひおひエロブログ化してる。(笑)

・・・・と、こんなことするのもいいですけど、せっかくですから歌、歌わなきゃ・・・・その後は、カラオケらしくちゃんと歌いましたよ。えーと、KINKI KIDS の「愛のカタマリ」と、浜田省吾の「丘の上の愛」と・・・・ななちゃんのリクエストで「あのタクシータクシーってやつ」・・・・少女時代の「MR.TAXI」を歌いました。ななちゃんは「FOR YOU」歌った。前の「さよならの向こう側」と同じように、うまかったな。シャウト系で。ななちゃん、年齢も30だから・・・ベテランです。気がつけば店でかなり古い方になってます。たしかに他の娘たち、入れ替わってて知らない小姐ばかり、しかもみんな若いです。そっちも気になりますが・・・・

まぁ、今更若い娘も面倒なので・・・気心が知れたななちゃんの方がいいです・・・・時間も限られてますし。しかし、こうやって再会すると9ヶ月のブランクなんて一瞬で吹き飛びます。すぐに昔と同じ状態に戻りますね。ただ、勘違いしちゃいけないのは、カラオケ小姐だから、他人と共用しているということです。自分だけのものと思っちゃいけませんよ。遊んでくれてる・・・と思いましょう。

深センでは、1stは、ななちゃん、2nd、3rdも一応控えています。(笑)えー、珠海は・・・・アモイは・・・・上海は・・・東莞は、カタギの芯芯ちゃんが1stですね。なんのこっちゃ。(笑)というのは冗談で・・・

画像うだうだしてるうちに1時近くになったので、お店を出て一緒にお粥食べに行くことにしました。深夜のデート、いいですね。

5月の深センラストナイトと同じシチュエーションです。水族館のような海鮮料理の店が並ぶ前を通ってお粥屋さんへ行きますよ。あ~楽しい。日本ではこんなことないですからね。














画像こんなのどうやって食べるんだか・・・魚の浮き袋。















画像おー、大粒のぷりぷりの牡蠣。前回の橋の下のドブのようなところに活けてあった牡蠣を思い出しますね。たぶん同じようなところで育った牡蠣です。ははは。食べられんな。(笑)















画像カエルとウナギもお約束ですね。このカエルはどうやって料理するんだろ?活けづくりだったりして。



















画像やってきました深夜のお粥屋さん。夜中の1時過ぎだというのに相変わらず大盛況です。満席なので、イスに座ってななちゃんと2人で待ちます。

2人で並んでイスに座って・・・恋人同士みたいです。
















画像15分ぐらい待って、やっとテーブルが空きました。早速、青島ビールを注文。ここは1瓶8元(136円)です。これが正常価格。(笑)ELECTRIC SHOCK BARの50元(850円)は異常。

お粥は30分ぐらい時間がかかるので、すぐに出て来る料理を2人で注文。お互いに好きなものをどんどん頼みました。














画像ニンニクたっぷりで焼いた茄子。私が皮ごと食べようとしたら、「それはおいしくないから、皮は食べないよ。」と身だけとってくれました。優しいね。

















画像玉子焼き。まぁ、これは日本も中国も大差ない料理。素朴でおいしいですね。
















画像羊肉の串焼き。前も食べたけど、軟らかくておいしいね。冷えたビールには合います。

















画像ついつい頼んでしまったドブで育ったと思われる牡蠣。これがおいしくってねぇ・・・・まぁ、こういうのを食べて、中国での免疫が体内で作られるんでしょうね。ほんとにお腹壊さないです。

















画像ななちゃん。まぁ、この日も2人でしゃべるしゃべる。ここにいる時は、翌朝、帰国しないでそのまま珠海に戻るつもりだったんで・・・・もう一回、帰国の前日に会えるねって話してました。(笑)

もしかしたら、そのまま帰るかもしれないけど、そうなったら、またしばらく会えないね・・・って。

あと何の話をしたっけ?今日はエッチするか?とか・・・何回するか?とか・・・・じゃなくて。(笑)冗談で話してましたけど・・・やっぱりそれは公安の取締が厳しいみたいなので、ホテルに連れて帰ったら捕まる・・・みたいだったので、おあずけくらいました。(笑)まぁ、さっきカラオケの暗い部屋で、それに近いことしてましたんで・・・まぁいいかと。










画像はいはい。お待ちかねのエビのお粥が来ましたよ。ほんとにこのエビの殻をむいて出したら、客がいっぱいくるんじゃないかと。もしかして、食べやすい中国料理の店を作ったら、中国でアタルんじゃないか?
















画像エビお粥・・・おいしいですね。これエビの殻の背中に切れ目を入れてるだけなんですが、口の中で舌を使って、殻を出す・・・を繰り返してると、舌を使うのが上手になります。まぁ、元々上手ですが・・・って、またエロブログ化してる・・・


というわけで、夜中の2時過ぎまでななちゃんとおしゃべりしてました。こういう友達、日本でも欲しいなぁ。

結局、お持ち帰りもなしで・・・・「もしも明日の朝、日本へ帰るなら、これでしばらく会えなくなる。延長だったら、また来るよ。」

「うん、明日の朝、どっちになったか連絡して」

それで別れましたが・・・結局、翌朝、現地駐在者に引き継いで帰国する・・・という結論になったので、残念ながら延長なしで帰ってきました。ななちゃんとの逢い引きもこの日だけでした。あぁ、次に会えるのはいつかな。

それにしても・・・2週間の出張で、あんなに仕事して空いてる時間もわずかなのに、よくここまで詰め込んで充実したもんだと、我ながら感心してます。中国モードの私は最強ですね・・・by 日本モードの私。

この記事へのコメント

KKDDMM
2014年04月16日 21:42
こういう記事を読むと……

戻りたくなるので、辛いですわ…
ぐすん
けいつ~
2014年04月16日 22:18
>KKDDMMさん
戻りたいですねぇ・・・あの頃に。(涙)
けんけん
2014年12月10日 19:10
ホント充実してますね~シンセン生活。深夜のデートいいですね~そういえばこんな感じの海鮮料理屋ありました! 同じ店かも知れないですね。
けいつ~
2014年12月10日 21:21
>けんけんさん
自分が書いたブログなのに、8ヶ月経った今もう一回読んでも、面白いですね。(笑)まぁ、よくやりますよ。今は日本モードの私なので、自分ながらちょっと羨ましいです。深夜のデートに誘うのは、そんなに難しくはないですよ。頑張ってください。

ななちゃんは、その後チャイナドレス服事件があってから、あまり会ってないな・・・別に仲が悪くなったわけじゃないんですが・・・また次に深センに行った時もたぶん会いますね。次はいつになることやら・・・
けんけん
2014年12月11日 14:17
けいつ~さんのブログはホント面白くてためになるので楽しく拝読、バックしゃんと原石発掘コーナーはガン見させていただいております。笑
時系列で2年くらいまえまで全部拝読したのですが、記事がテーマ別でも分類されてるのに気づいたので、
まずは美女から拝読しております。爆
ありがとうございます~
けいつ~
2014年12月12日 12:49
>けんけんさん
本当にそうやって読んでくれてる人がいるというだけで、とても嬉しいです。バックシャンは私のライフワークとも考えていますので、今後も続けていきますよ。・・・とは言っても、国内では少々無理がありますが。近日中に深センのバックシャンと国内のバックシャンアップ予定です。

この記事へのトラックバック

先月の人気記事!