男まつり 第2弾は実弾射撃!

画像男の子ですから、ハワイに来たらやっぱりピストルを撃たないことには帰れません。(笑)ステーキを食べて精力もついたところで、私たちはハワイ&ワイキキガンクラブへとやってきました。同僚の一人が事前にインターネットで調べて、ココと決めてたようで、カラカウア通りから少し入ったところで、ホテルから意外に近かったです。

実弾射撃はワイキキにも何軒かあるらしく、その客引きが実に激しい。カラカウア通りで日本人と見たら日本語で話しかけてくる半分は実弾射撃の客引きじゃないだろうか。(笑)

ワイキキガンクラブ。行ってみたら、どうやら22年前に行った射撃場のようだった。かすかに記憶にある。ちなみにウェブサイトはこちら。

ワイキキガンクラブ

ハンドガン、ライフル、ショットガン。射撃コースはいろいろあって・・・私は基本的にハンドガンが好きなので、マスターのオススメコースというのを選んだ。US$89に標的US$5は別料金。しめてUS$94。

グロック17とグロック21。それにAK-47とM-16の4丁である。同僚は、ショットガンが撃ちたいというのでハンドガンは選択せずに、AK-47とM-16、CX-4と12ゲージショットガンを選択しました。

インストラクターの説明を受けて、ゴーグルと耳あてをつけていよいよ撃ちます。22年前はリボルバーとオートマチック、ライフルだったのですが、今回は時代が変わって強化プラスチックの銃、グロック17です。画像9mmパラベラム弾。ゲーム、バイオハザードでよく地面に落ちてるアレです。ベレッタも9mmですね。9mm弾は一般的なんでしょうね。CSI なんかでも「弾は9mmだな?」というシーンを思い出します。
















画像4枚並んだ標的。同僚はビン・ラディンの標的です。(笑)私は人型の標的を狙って、撃ってみます。「バーン!」予想以上の衝撃です。22年前に撃ったリボルバーやオートマチックの銃よりも衝撃は大きいです。

両手で支えないと撃つのは無理。映画のように片手でなんて撃てないですね。ブレブレです。銃身の先端と手前の照準を合わせて、標的を狙って撃ちます。中心を狙ったつもりですが、引き鉄を引くときに支える手が右に少し動いているようです。思った位置よりも右にズレます。

ということは、当てたいところよりも少し左を狙えばいいわけで・・・・銃のせいか、私の撃つ時のクセか、これで結構思ったところに当たるようになりました。ガンシューティングはゲーム、バーチャコップで鍛えてあるので・・・特にハンドガンは得意です。しかし、一発撃つたびに反動が大きくて、再度狙い直さないと撃てません。連射は無理ですね。映画やドラマで撃っても当たらないのはうなずけます。










画像10発だったか15発だったか撃って、次はグロック21。グロック17と外観は同じですが、弾の大きさが違います。こちらの方が弾が大きく破壊力があるようです。反動もグロック17よりも強く感じました。たまらんですねぇ。クセになりそう。

隣で同僚がAK-47を恍惚の表情で撃っています。「ターン、ターン、タタタタ」・・・ははは。調子にのって連射してます。楽しいかもしれませんが、たぶんまともに標的に当たってないです。(笑)4人とも大はしゃぎです。ほんと子供みたい。銀玉鉄砲撃ってるんじゃないんだから・・・・








画像ライフルのAK-47が私に回ってきました。ハンドガンは数丁あったのですが、ライフルはみんなで使いまわしです。順番に撃ちます。ライフルもハンドガンも誤って人を撃たないように左右の格子につながれてます。ただし自由度はあるので狙いを定めるのは問題ないです。

AK-47。アルカイダから接収して横流しされてきた銃じゃないよねぇ。何人人を殺した銃か・・・そんなことを考えながら、AK-47を構えます。木製の肩当てが使いやすい。スコープで標的を狙って。標的の身体の中心は先ほどのグロックで穴だらけになったので、今度はアタマを狙います。「ターン!」乾いた音と反動が身体に伝わります。

標的に空いた穴がグロックよりも小さいです。的を貫通する感じ。なかなか撃ちやすいライフルです。思った所に大体当たってる。楽しい~。お祭りの射的やってるような感じです。そういえば、このAK-47は射的の銃に似てるなぁ。







画像隣の同僚は、12ゲージショットガンを撃ってます。

「ドーン!・・・ガシャコッ! 」

1発ずつ薬きょうを排きょうするアクションがカッコイイです。破壊力は抜群のようです。西部警察でラストになると登場して大門さんが撃ってたアレですね。












画像AK-47の次は4丁め、M-16です。永きに渡ってアメリカ軍が使用する自動小銃です。連射モードにしたら瞬間で終わってしまうので、単発ずつ撃ちます。赤いレーザーポインターが標的に当たって、スコープの中心に輝いてます。映画にもよく出てきますね。そこで引き鉄をひけば、そこに当たるはず。

「ドーン!」

AK-47よりも反動が大きいです。引き鉄もちょっと重いかも。おかげで思ったよりも右下に当たってしまいます。ということは左上を狙えばいいか・・・と思ったのですが、なかなかうまくいかない。M-16ちょっと重いです。撃ってるうちに支えるのがつらくなって腕が震えてきました。(笑)

同僚はもっともハイパワーなライフル、CX-4を撃ってます。あ、写真がない・・・・残念。

「ズドーン!」

撃った瞬間の煙と反動がスゴイです。ふっ飛ばされそうですね。さらに恍惚の表情で撃ってます。本当に好きなんですね。(笑)

画像さて、一通り撃って、みんなの標的が手元に返ってきました。4人で見較べてみると・・・・ははは。私が一番成績がよかったですね。バーチャコップの修業は伊達じゃなかったです。ヤクザからスカウトが来るかも。












画像記念に撃った後の薬きょうを1個ずつもらってきました。撃ってないけどショットガンの薬きょうももらってきました。カッコイイ。スーツケースに入れて、荷物検査でひっかかるかと思いましたが、無事、日本に持って帰ることができました。

左から、12ゲージショットガン、M-16、AK-47、グロック21、グロック17 9mmパラベラム弾です。

撃ちぬいて穴だらけの標的は、私の部屋に額縁に入れて飾ってます。いい思い出になりましたね。(笑)

この記事へのコメント

盗人宿おかみ
2010年06月04日 14:38
しかしけいつーさんは何でもやりますねー(*^_^*)

やっと追い付きました。あーしんどヽ(^o^)丿
2010年06月06日 11:22
いいですねぇ~。
でも射撃場だと、自分でマガジンを装着してスライドさせバンっとは撃てないんですよね?!オートマチックは、撃つたびにスライドして薬きょうが飛び出すのが魅力ですね。
リボルバーのコルトパイソン357や44マグナムなんて撃ってみたいですね。射撃場だと、そんなデカイ鉄砲はムリですね。(空砲でもすごい反動だとか)
十分楽しめたようで、お疲れ様でした。
2010年06月07日 00:14
ライフルも打てるんですか~~~~
ひゃ~、スゴイですね…。ちょっと怖いな~~^^;

昔、韓国の済州島に行った時、射撃やりましたけど…
ライフルはやらなかったな~~^_^;
体への衝撃すごかったんじゃないですか?!
けいつ~
2010年06月08日 00:29
>おかみさん
コメントレス遅くなりました。なぜかここもエラーになるものですから・・・
なんでもしますねーって、まぁ、好奇心のカタマリみたいなもんですから、小学生といっしょです。

>フリーダムさん
マガジンの装着はインストラクターがやります。そういえば、グロックを撃ってる時に2回、不発がありました。彼曰く、「弾の不良品」だそうで・・・もしも犯人と撃ちあいになったら、やられるじゃん?って思いました。

パイソン357マグナム私も好きです。銃身の短い4インチが好きかな?

>horizukinさん
おぉ、さすがhorizukinさんも撃ったことあるのね。済州島かぁ・・行ってみたいなぁ。

ハンドガンもライフルも・・・何かを撃ちたくなる衝動にかられますね・・・危ない危ない。

この記事へのトラックバック

先月の人気記事!